旅行や長距離帰省の多いあなたが得をする「ANAカード」(学生用)

「学生のうちから自分のクレジットカードがほしい」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、どのカードを持てばいいか迷ってしまいますよね。
ここでは、「ANAカード(学生用)」の特徴についてご紹介します。

■とにかくマイルがたまる!

最大のポイントは、「マイルのたまりやすさ」です。
まず、入会・継続だけで1,000マイル。22歳未満の方がANAグル-プ便を利用する際に適用される「スカイメイト」では、割引運賃になるだけではなく、区間基本マイルが75%から100%にアップします。
また、フライトごとに区間基本マイルの10%、搭乗時に貯まるプレミアムポイントが一定以上になると、ボーナスマイルももらえます。

■海外旅行傷害保険が自動付帯

海外旅行傷害保険が自動付帯しているのが特長の1つです。日本出国日から90日間有効なので、短期留学をなさる場合にも活用できます。なお、保障額は、海外旅行は最大1,000万円、国内フライトが最大1,000万円。

■卒業後は一般会員に移行

卒業後の対応としては、一般会員に移行されます。年会費は2,100円。なお、卒業後の自動切り替えによって2,000マイルをもらうことができます。

■まとめ

このように、ANAカードの特長は「マイルのたまりやすさ」に尽きます。さらに、機内販売や空港内ショップ、提携ホテルの利用もお得な値段になるため、飛行機を利用する旅行や帰省の多い方にお得なカードだと言えるでしょう。

【基本データ】
・カード会社:VISA、MasterCard、JCB
・対象者:18歳以上の学生/大学・大学院・短期大学・専門学校・工業高等専門学校4、5年生に在学中の方
・家族カード:なし
・利用枠:10~30万円
・年会費:1,207円 (※14年3月31日までは無料)
・電子マネー:Edy(一体型)、iD(分離型/おサイフケータイ)、PiTaPa(分離型)
・ETC:あり(年会費525円、年間1回以上利用で無料に)
・ショッピング保険:なし
・旅行傷害保険:海外旅行・国内旅行いずれも 最高1,000万円

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ