学生クレジットカードは複数所有できますか?

学生が契約できるクレジットカードは、利用額が低めに設定されていますよね。普段のショッピングのほか、家賃などまとまったお金を支払いたいと考えている場合、1つのクレジットカードでは難しい場合もありますよね。
では、学生クレジットカードを複数所有することは可能なのでしょうか?

■学生クレジットカードを複数所有することは可能

結論から言うと、学生クレジットカードを複数所有することは可能です。審査を通ることができれば大丈夫。

ただし、以前カードを契約しており、未払いなどをしてしまったことから悪質だとみなされてしまった場合などにはブラックリストに載っている可能性も。

その場合、名前や生年月日だけで分かってしまうので、審査に落ちてしまうこともあるので要注意です。

■どのように使い分けるのが良いのでしょうか?

学生クレジットカードを複数持つ場合には、異なる特典を持つものがおすすめです。
たとえば、ポイント還元率の高いものはまとまった金額の支払いように当てる、インターネットショッピング用のものを持つ、帰省や留学のために海外旅行傷害保険やマイルが貯まるものを持つなどの用途が考えられます。

■複数所有する際の注意点

学生クレジットカードの中には、年に数回の利用がなければ年会費が無料とならないものもあります。ですから、せっかくカードを契約したのに、1度も使わないまま年会費だけを払うということにならないように気をつけましょう。

また、複数所有する場合は、どのカードがどの用途のものなのか、またそれぞれのためにどれくらい使ったのかを把握しておく必要があります。

やみくもにカードをたくさん持つのではなく、目的を決めることで、より賢く、お得に使うことができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ