学生クレジットカードの「ショッピング」と「キャッシング」の違いとは?

学生の方にとって、違いがわかりにくいのが「ショッピング」と「キャッシング」ではないでしょうか?
ここでは、分かりにくい2つの違いについて解説します。

■ショッピングとは?

カードショッピングは、現金を一時的に「借りる」サービスのことです。あなたが店でバッグを買いたいと思った時に、その場ではお金を払わずにあとで払うというもの。いわゆる「ツケ払い」のことなのです。
そして、一旦あなたの代わりに代金を立て替えてくれるのがクレジットカード会社です。その後、クレジットカード会社があなたの口座から立て替えた代金を払ってもらうというのがショッピングの仕組みです。

■キャッシングとは?

では、キャッシングはどのようなサービスなのでしょうか?
こちらも現金を一時的に「借りる」サービスのことです。ただし、こちらの場合はまたやり方が異なります。
同じくあなたが店でバッグを買いたいと考えたとしましょう。あなたは、まずATMなどを通してクレジット会社から現金を借ります。そして、その現金を使って買い物をし、後で返済するというものです。

■どちらも「借りる」ことだが…

ショッピングもキャッシングも、いずれもクレジットカード会社からお金を借りるサービスではあります。
ただし、ショッピングが「その場では払わないだけで、自己資産から支払っている」のに対し、キャッシングでは「自己資産ではなく借りたお金を使って支払う」ものである点が大きな違いだと言えるでしょう。
キャッシングでは、お金を借り入れるので、自己資産が減るわけではありません。しかし、その後は自己資産や、新しく入った収入などから返済しなければなりません。ですから、「お金が増えた」と錯覚しないように気をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ