学生クレジットカードの申込時に必要なものは何ですか?

学生クレジットカードを申し込むためには、どのような書類が必要なのでしょうか? ここでは、クレジットカード契約時に必要なものについて解説します。

■本人確認のために必要な書類とは

まず、本人確認をするために必要な書類についてご紹介します。
一般的には、「運転免許証」、「健康保険証」、「住民票の写し」、「写真付きの住民基本台帳カード」、「パスポート」などを本人確認書類として提出する必要があります。
学生クレジットカードを作成する場合は、あなたが学生であることが条件ですから、「学生証」が必要になります。

■現住所と書類上の住所が異なる場合は

学生の場合、住民票の移動が済んでいない場合などもあるかもしれません。そのような場合、現住所と書類上の住所が異なってしまうため、電気・ガス・水道・NHKなど公共料金の領収証などのコピーも必要となるので注意しましょう。
この際気をつけたいのは、「請求書」ではなく、「領収証」を送付するという点です。

■手元に用意しておくもの

記入時に手元に用意しておくものとしては、通帳と印鑑があります。
注意しなければならないのは印鑑です。クレジットカードの支払いのため登録する通帳の契約時に使用した印鑑を使わなければいけません。
万が一、異なる印鑑を押して提出してしまった場合、書類不備として返送され、クレジットカードの発行に時間がかかってしまうので注意しましょう。

■「急がば回れ」が大切

学生クレジットカードを発行するためには、書類の記入や用意など面倒なことが多いです。しかし、適当に書類を用意せず、しっかりと見直すことが大切。
必要箇所には付箋を貼るなどして、必ず漏れがないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ