学生クレジットカードはどこで使えますか?

初めて学生クレジットカードを持った方は、どのような場所でカードが使えるのか迷ってしまうかもしれません。

ここでは、クレジットカードがどのような場所、どのようなシーンで利用できるのかをご紹介します。

■クレジットカードは、ライフスタイルを網羅している

クレジットカードで支払えるものは多岐にわたっています。

たとえば、あなたが一人暮らしの場合、家賃や光熱費などを毎回コンビニなどで払込票を見せて支払っていると思います。あるいは、銀行口座から引き落としにしているでしょう。

しかし、このような「生活に密着したお金」もクレジットカードで支払うことができるのです。

これには大きなメリットがあります。たとえば、家賃ですと3~7万円程度もの大きな金額を毎月カードで支払うことになりますよね。ですから、その分ポイントが溜まりやすくなるのです。

ただし、学生クレジットカードは限度額が低めに設定されていますから、家賃や公共費用のカードと、ショッピング用のカードを別にしておくのも1つの手です。

■飲食店にも使える店は多い

同じくポイントを貯めやすいのは、飲食店での割り勘時のお会計です。たとえば、飲み会など大人数での会計をカードで支払うと、やはりまとまった金額となり、ポイントもたまりやすくなります。

ただし、この際には注意点が3つあります。
まず、必ずその場で現金を集めること。次に、集めた現金はきちんとクレジットカードの口座に入れておくこと。そして、やはり限度額に注意することです。
これらを守れば、よりポイントを貯めやすくなります。

■カードがあればスマートな生活ができる

インターネットショッピングにもカードは有効です。代引きや後払い・先払いなどと異なり、払い忘れの心配もありませんし、その場で簡単に決済ができます。

また、映画好きな方には映画館での使用もおすすめ。映画館によっては、あらかじめ座席指定を行ない、決済を済ませることで、当日は時間の数分前に映画館についてカードを通すだけですぐに映画を観ることができるところもあります。

初めて学生クレジットカードを持つ方にとって、「クレジットカード」というのはどこか怖い存在かもしれません。しかし、使いすぎないように気をつけさえすれば、このように今の暮らしがもっと便利になるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ