学生クレジットカード利用前に知っておきたい、カードにまつわる犯罪事例

学生クレジットカードはとても便利なものですが、デメリットはあるのでしょうか。
ここでは、気をつけたいクレジットカードにまつわる犯罪事例「スキミング」をご紹介します。

■クレジットカードの「スキミング」とは?

クレジットカードにまつわる犯罪の1つに、「スキミング」というものがあります。
これは、「スキマー」という機械を使用して、あなたのクレジットカードの情報を盗むというもの。
カードをスキミングされると、知らないうちに個人情報が盗まれてしまいます。そしてあなたのカードとまったく同じものを作成し、高額な商品を購入。請求があなたに届くというわけです。
かつては、あなたのカードをこっそり入手してカードをスキミングするという手口でしたが、現在では無線を飛ばすことによって、店のカードスキャナーから情報を盗むというものまで登場しており、非常に危険な事例です。

■スキミングの被害に合わないためには?

この犯罪を防ぐためのポイントとしては、あなたが本当に信頼出来る店でのみクレジットカードを利用することが挙げられます。インターネットショッピングにカードを使うのは非常に便利ですが、このような危険と隣合わせであると認識しておくことが大切です。
また、毎月の利用明細も必ず開封し、利用したものと照らしあわせて不明な支払いがないかどうかをチェックしましょう。
カードで購入したものについては、ノートなどにまとめてメモしておくのがおすすめ。もし面倒だという場合には、レシートを一箇所に保管するだけでもチェックがしやすくなります。
もし万が一、スキミングによる不正利用被害にあってしまった場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡し、補償制度の申請を行ないましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ