もしも学生クレジットカードを紛失してしまったら?

クレジットカードはとても大切なものです。しかし、万が一財布ごと置き忘れたり、なくしてしまったりした場合はどうすれば良いのでしょうか?

■すぐにカード会社に連絡しましょう!

学生クレジットカードがなくなったことに気づいたら、慌てず、すぐにカード会社に連絡しましょう。
カード会社では、紛失してしまったカードが第三者に利用されたかどうかがすぐわかるためです。
特に悪用されていない場合は、そのカードを使えないようにし、再発行してもらえます。一方、第三者が勝手に使っていたという場合には、補償の手続きを行ないます。

■カード提供会社が補償を用意している

さて、前述したように、クレジットカード紛失への備えとして、クレジットカード会社は補償を用意しています。
たとえば、「ライフカード(学生)」を例に挙げると、「カード会員保障制度」というシステムが用意されています。
これは、紛失や盗難など万が一手元からクレジットカードがなくなってしまった場合、発生した損害をカード会社が負担してくれるというものです。「ライフカード(学生)」では、あなたが「紛失した・盗難された」と申し出た日から60日前にさかのぼって、その後に発生した損害を負担してくれるようになっているのです。

■紛失に気づくのに遅れてしまったら?

普段あまりクレジットカードを使わない方ですと、紛失してもしばらく気が付かないこともあるかもしれませんね。
しかし、先ほどご紹介した「ライフカード(学生)」のように、ほとんどのクレジットカードでは届け出た日から数ヵ月前にさかのぼって損害の補償を行なってくれるので安心です。
また、たとえば「楽天カード アカデミー」のような、カードが利用されたら通知メールが届くサービスもあります。このようなサービスを利用すると、万が一不正利用されてしまっても、利用明細が届くよりも早く手元に利用状況が通知されるので安心です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ