卒業後も学生クレジットカードは使えますか?

カードの発行は手間がかかります。せっかくならば、使い慣れた学生クレジットカードをそのまま使っていきたいですよね。
では、学生専用のクレジットカードを、卒業後も使うことはできるのでしょうか?

■卒業後に一般カードに切り替えられる

「ライフカード(学生)」は、卒業後一般会員に切り替えられるため、継続してカードを利用することが可能です。なお、注意しておきたいのは、在学期間中は無料で自動付帯していた「海外旅行傷害保険」の補償や「キャッシュバックサービス」などの各種特典が終了することです。
「楽天カード アカデミー」は、卒業すると一般会員向けの「楽天カード」に自動切り替えとなります。年会費は永久無料のためありません。
「ANAカード(学生)」も卒業後は一般カードに自動切り替えされ、その際にはマイルが付与されます。

■卒業後は年会費がかかる

次に、卒業後に年会費がかかるというものについてご紹介します。
「三井住友アミティエカード(学生)」の場合、卒業後は通常1,312円の年会費が必要となります。
また、「三井住友クラシックカード(学生)」では卒業後1,312円、同カードの「A」版では1,575円がそれぞれかかるようになります。

■卒業後にゴールドカードに切り替えられる

最後に、卒業後にはゴールドカードに切り替えられるものについてご紹介しましょう。
「三菱ニコスカード イニシャル」の場合、卒業後初めてのカード更新時、審査のうえ自動的に「MUFJゴールドカード」に切り替えられます。なお、年会費は2,000円です。
「三井住友デビュープラス(学生)」では、満26歳以降、初めてのカード更新時にプライムゴールドカードへ自動的にランクアップ。なお、ランクアップ時には「継続サンクスポイント」が付与されます。ただし、クラシックカードに切り換えることも可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ