留年しても学生クレジットカードは使えますか?

単位が足りない、留学した…などさまざまな理由で留年してしまった場合、学生クレジットカードはどうなるのでしょうか? 本来の卒業時期を過ぎると使えなくなってしまうのでしょうか?

■学生クレジットカードには、学生ならではの特典が満載

学生クレジットカードを利用する最大のメリットは、その豊富な特典ですよね。
たとえば、ライフカード(学生)では、「学生のための安心プログラム」として、在学中のみ無料の海外旅行傷害保険が自動付帯します。また、「ANAカード(学生)」や「三井住友アミティエカード(学生)」などでは、在学期間中は年会費がかかりません。
このように、学生クレジットカードには、一般カードにはない学生に優しい特典が満載なのです。
単位が足りなかったり、就職が決まらずあと1年活動することにしたり、留学したり、と留年する理由はさまざまですが、このような場合、学生クレジットカードは使えなくなってしまうのでしょうか?

■学生クレジットカードは留年しても使うことができる

学生クレジットカードは、留年してしまった場合でも引き続き使用することが可能です。
ただし、カードの有効期限を見てみましょう。卒業見込みの年月日になっているはず。カード会社には、あなたが留年したのかどうかが分かりませんから、まずは留年が決定した段階で連絡を取り、その旨を伝えてみましょう。
基本的にカード自体は引き続き使うことができるはずです。特典については、内容も対応も異なるため、一度カード提供会社に確認してみるのが無難でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ