予備校生でも学生クレジットカードは作れますか?

希望の大学に入るため、あと1年は浪人生活を送ることに…。予備校にかよっている場合は、学生クレジットカードにおける「学生」として認められるのでしょうか?

■学生クレジットカードによって対応は異なる

まず、「予備校生」を「学生」として認めている学生クレジットカードについてご紹介しましょう。こちらでは、「専門学校生」の区分の1つとして「予備校生」を定めています。

○三井住友アミティエカード(学生)
・年齢:満18歳以上
・学生区分:高校生不可、専門学校は研究生、聴講生、科目履修生、語学学校生、予備学校生、認可校のみ可

○三井住友VISAクラシックカード(学生)
・年齢:満18歳以上
・学生区分:高校生不可、専門学校は研究生、聴講生、科目履修生、語学学校生、予備学校生、認可校のみ可

■予備校生について触れられていないカード

次に、以下にご紹介するカードについては、対象となる学生区分の中に「予備校」の文言が記載されていません。しかし、不可能であるとも書かれていないため、カード会社に問い合わせる必要があります。

○ライフカード(学生)
・年齢:満18歳以上満25歳以下
・学生区分:大学、大学院、短大、専門学校、高校生不可

○ANAカード(学生)
・年齢:18歳以上
・学生区分:大学、大学院、短大、専門学校、工業高専4・5年生、高校生不可

○楽天カード アカデミー
・年齢:18歳以上28歳以下
・学生区分:大学、大学院、短大、専門学校

○三井住友デビュープラス
・年齢:18歳以上25歳以下
・学生区分:高校生不可

○三菱ニコスカード イニシャル
・年齢:18歳以上29歳以下
・学生区分:高校生不可

■いずれにしても、カード会社に確認するのが安心

このように、文言だけを見ると予備校生でも学生クレジットカードを作れるものがあります。無事に大学に合格した後の対応も含め、まずはカード会社に確認するのが無難でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ